私は生まれた時から、召使いになることが決まっていた。
この家に召使いとして仕えることが、運命づけられていた。
立派な召使いになるには、ご主人様の気持ちを完璧に把握しないといけない。
だから私は成人するまで、ご主人様と同じように、何不自由なく育てられた。