感情をコントロールするには、体を動かすのが一番良いと思う。
だから私は、喜怒哀楽のいかなる時も、舞を舞う。
嬉しい時も、悲しい時も、不機嫌な時も、とにかく舞うのだ。
待っていると、たいていのことはその内どうでも良くなる。