道標さえあれば、私は決して迷うことはない。
だから早く次の道標を私にくれ。
道標がなかったら、私は一歩も進むことができない。
このまま立ち止まって死を待つなんて、耐えられない。