彼は自分がバカなことを自覚していた。
でもそんな自分が嫌で、バカにつける薬が欲しいと真剣に思っていた。
あるとき、ないなら自分で作れば良いと気づき、薬学を学び始めた。
結果、残念ながら薬の開発には失敗したが、彼のバカは完璧に治った。