よく、そんなくだらないことに命を懸けるのかと呆れられる。
でも彼らは分かっていない。
今日という日は、何があっても二度と戻ってこないのだ。
だったら、どんなことにだって命を懸けて当然なのだ。