たぶん私のような人間こそが、真に間が悪い奴と言うべきなのだろう。
気まずい場面に出くわすとか、そういう類のことは起こらない。
ただ、これをやろうと思う時に、必ずそれができない状況にあるのだ。
そのせいで、どれだけのチャンスを逃してきたことか。