圧倒的な力量差を見せつけられた。
普通なら、二度と立ち上がれないほど、心が折られてしまうのだろう。
でも、私には関係ない。
機械の心臓しか持っていない私には、折れる心など初めからないのだ。