僕はどこにいても目立たない存在だった。
脇役にすらなれない、通行人Aのような存在。
でも別に、それで良いと思う。
どうせ主役になったところで、何ができるわけでもないのだから。