私は家から出ることがほとんどない。
ずっと家にこもって、ひたすらに絵を描き続けている。
得意の妄想で、どんな景色でも、私は描き上げる。
私にとっては、自分の描く絵の風景が、世界そのものなのだ。