自分では、ひたすらに前に進んでいるつもりでいた。
でも、それは錯覚だった。
前進しているつもりで、本当は後退していただけだった。
前に進んでいたのは、時間だけだったのだ。