どれだけ満たしても、満たされない。
一時的には満たされても、すぐに乾いて、また欲しくなる。
一度でも知ってしまったら、もう捨て去ることはできないのだ。
穴の空いた器に水を入れても、いっぱいにはならないから。