「あいつは今でもずっと、お前のことをそばで見守っているよ」
「うん……そうだと良いね」
そう言う彼女はどこか寂しそうだったが、俺は真実を言ったつもりだ。
俺には、彼女の背後にいるあいつの姿が、はっきりと見えているから。