結局のところ、どうあっても現実ってやつは変わらない。
いくら妄想の世界に逃げ込んでも、事実が消え去ることはない。
それでも僕は逃げた。
一瞬たりとも妄想を途切れさせないことで、現実と乖離した。