僕は、人に見られていないととにかくだらけてしまう。
だからあの一ヶ月は、心身共に充実した期間だった。
ドキュメンタリー番組の取材ってことで、二十四時間密着されたのだ。
常にカメラの目があるおかげで、全てが上手く行った。