僕の書いた本が、ミリオンセラーになった。
もちろんそれは喜ばしいことだから、素直に嬉しい気持ちはある。
でもこの国の人口が一億人以上と考えると、本を買ったのは一パーセント未満。
たった一パーセントと考えると、まだまだ先は遠いなと思ってしまう。