何よりも、歌うのが好きだった。
誰かに聞かせる為に歌いたいわけではなかった。
だからいつも、誰もいない山の中で、存分に声を出していた。
強いて言えば、鳥や木々が聴衆だったと言えるかな。