算数だったら、プラス一とマイナス一はちょうど相殺してゼロになる。
でも現実は、プラスとマイナスは全然重さが違う。
どんなにプラスを積み重ねても、たった一度のマイナスでゼロになる。
私が今まで残してきた功績なんて、もはや欠片の価値もないのだ。