一度道に迷ったら、二度と元の場所には戻れないと忠告された。
その忠告を守れずに、私は道に迷ってしまった。
でも、私はたいして気にしていなかった。
そもそも、初めから元の場所に戻ろうなんて、考えてはいなかったから。