たぶん、みんなは僕の作品に、真面目さみたいなものを求めているのだろう。
それは、普段の僕の立ち振る舞いがそうさせているのだから、仕方ない。
でも僕は、普段真面目な分、作品の中では思いっきり発散したいのだ。
夢の中にいるように、普段は出せない自分を、出したいから。