不幸な事故に巻き込まれたせいで、私は視力を失った。
周りのみんなは、目が見えない私を不憫に思った。
でも、私は自分を可哀想だとは思わなかった。
世の中、見たくないもので溢れているから、見えないくらいでちょうど良い。