時々、天才ってどういう人なんだろうという話題で盛り上がる。
互いに、自分なりの天才の定義を語り合うのだ。
そういう時、私はたいてい、自分に当てはまりそうなことを言ってしまう。
やはり私は、天才だと認められたい気持ちが強いのだ。