その無人島は世界から隔離され、文明というものの影響を一切受けていなかった。
代わりに島の独特な環境は、そこにしかない天然資源を豊富に生み出していた。
ある時、学会を追放された一人の科学者が流れ着き、その島に住み始めた。
気がつけばわずか数年で、そこは世界で一番、文明の発達した国になっていた。