「俺はもう終わった人間だ。あとは託すよ」と言われた。
そう言えるってことは、まだまだ終わってはいないということだ。
本当に終わっている人間は、終わっていることになんて気づけない。
だから僕は、もう一度彼を立ち上がらせる。