色は、混ぜれば混ぜるほど黒に近づき、元に戻せなくなる。
だから何を混ぜるかは、ちゃんと選んだ方が良い。
何が来ても、私はただ混ぜることしかできない。
最終的にどんな味になるのかは、混ぜてからのお楽しみだ。