また一人、可哀想な少女を見つけてしまった。
何でも、お城の舞踏会に参加してみたいのだとか。
彼女の為に、私は馬車とドレスを用意してあげた。
さて、次は誰に魔法をかけようか。