まるでメリーゴーランドに乗っているような気分だ。
どんなに追いかけても、いつまでも差が縮まることがない。
同じように、後続との差が詰まることもない。
差が開くことよりも、変わらないことの方がよほど疲れる。