誰にだって、勝負に勝ちたいという欲求はある。
でも勝負に勝つってことは、誰かが負けるということでもある。
だから私は、負け続けるのだ。
みんなの勝ちたいという欲求を満たすために。