それだけに打ち込んでも勝てない人もいれば、片手までも負けない人もいる。
そういう時に、才能って言葉が見え隠れする。
負けて悔し涙を流す人もいれば、勝って嬉し涙を流す人もいる。
そういう時に、感情って言葉が見え隠れする。