ずっと村一番のイケメンだと言われていたから、それなりの自信はあった。
でもそれは、あくまでもこの村の中ではという話だった。
外の世界を知り、自分は下から数えた方が早い人間であることを思い知った。
同時に、この村のレベルの低さも思い知り、切ない気持ちになった。