私たちが磨き上げて来た技術は、門外不出とされている。
とは言え、この街の人間なら、誰もがこの技術を使いこなせる。
外から来た人は、全然門外不出じゃないと言うが、そんなことはない。
この街の四方にある大きな門から外には、確かに出ていないから。