選べる未来は、一つではない。
でも、どの道を選ぼうとも、未来は未来。
未知の世界へと続いていることには変わりない。
だからこそ、じっくり悩んでも、棒の倒れた方に従っても、気持ちは一緒だ。