この刃は、何も切ることができない。
でもそれで良いのだ。
この刃は、存在しているというだけで、すでに役割を果たしている。
自分の心がまだ折れていないという、その証明になるから。