見た目がとても恐ろしいという理由で、誰も彼に近寄らなかった。
でも実はとても穏やかで人間よりもよほど人間らしい優しさを持っている。
その優しさゆえに、どんなに迫害されても人間を憎むことはなかった。
そんな彼を守りきれなかったことを、今でも僕は後悔している。