僕は幼い頃、本気で魔法使いになることを夢見ながら毎日を送っていた。
でも段々と魔法なんてないことに気づき、僕の毎日はとてもつまらなくなった。
そんなある日、僕はある人から、人生を楽しく過ごす方法をいっぱい教わった。
僕は今でも、あの人は本当に魔法使いだったんじゃないかと思っている。