代理人とか言う人が突然やって来て、肖像権だか何だかで僕を訴えると言った。
全く身に覚えのない話だったから、当然のように僕は反論した。
後日、その訴えた本人が僕の前に現れた時、納得はできなかったが理解はできた。
クローン人間かと思うくらい、その人と僕が瓜二つだったから。