「なーにが高度に発達した科学は魔法と区別がつかないだ。そんなわけねーだろ」
「先生は本当にその言葉が嫌いですよね。耳にする度にそうやって悪態吐くし」
「まあ、科学の力は凄いけどさ。どこか魔法をバカにしたような響きがな……」
悪気はない言葉なんだろうが、何となく我々を侮辱しているような気がするのだ。