昨日は何一つ起こらない、ある意味では平和で退屈な日だった。
もちろん、外の世界では何か大きな出来事が起きていたのかもしれない。
でも僕に限って言えば、本当に何も起きていない一日だったのだ。
何せ布団に入ったのは一昨日の夜なのに、起きたら今日になっていたから。