彼らは、どこへ行こうとしているのだろうか。
そのゆっくり過ぎる足取りには、目的地を見据える意思を感じさせない。
あるいは、それでもなお、貪欲に目的地を目指しているのだろうか。
その背に持つ殻の中に、何よりも重い使命を詰め込んで。