一歩ずつ確実に、足音が近づいて来る。
しかし、この状況では逃げるに逃げられない。
そうこうしている内に、奴は目の前までやって来た。
「ねー、私もトイレ入りたいんだけど、まだー?」