決して裕福な暮らしではなかったと思う。
それでも、何一つ不自由のない暮らしを、ずっとして来た。
理由を考えれば、それはごく当たり前のことなのだ。
何も望まなければ、不自由に思うことなどないのだから。