小舟に乗って、何日もぷかぷかと海の上を浮いている。
このまま流され続ければ、世界の果てまで行けると信じて。
辿り着いたからと言って、何が得られるわけでもない。
それでも人は、流されたいこともあるのだ。