休みの日は、言葉の通り、丸一日寝て過ごしている。
布団から出ないという意味ではなく、ずっと眠り続けているのだ。
代わりに、平日は一睡もせずに、二十四時間活動を続けている。
寝溜めができるように、自分の体を改造した結果だ。