人気ってのは、本当にいつどこで火がつくか分からないものだ。
僕みたいなやつでも、一歩間違えば人気者の仲間入りができる。
そしてさらに一歩間違うだけで、一瞬で干されてしまうのだ。
人気商売をやっていると、一歩の重みがとてもよく分かる。