あいつは「何人たりともここは通さん」と言って、一人残った。
俺たちはあいつの犠牲を覚悟したが、あいつは元気な姿で無事に帰ってきた。
「あの後、結局追っ手が誰一人来なかったんだよ」
無事だったことは嬉しいが、涙を返して欲しいとも少しだけ思った。