情けは人の為ならずということわざがある。
人に情けをかければ、巡り巡って自分に返ってくるということわざだ。
僕はこの前、情け以外でもこのことわざが当てはまることを知った。
無礼講の席で友人に酒をかけた結果、お返しに僕もかけられたのだ。