その島には、まだ名前がなかった。
誰も住んでないし、木の一本すら生えていないから、なくて当然だろう。
だから僕は今、頑張ってお金を貯めている。
あの島を買って、自分の好きな名前をつけたいのだ。