互いに切磋琢磨できる最高の友人にして最大のライバルが、僕にはいた。
そんな彼が先日、不慮の事故であっさり先に逝ってしまった。
競う相手がいるからこそ、抜きつ抜かれつを繰り返して強くなれる。
彼がいなくなってから、僕はそのことを身をもって知った。