雨の日も風の日も、一日も休まずに通い続けた。
自分の気持ちを伝えるため、毎日玄関の前で声を張り上げていた。
真剣さをアピールしたつもりだったが、気持ち悪い奴だと思われていたらしい。
最終的にはストーカー扱いされて、近づくことすら許してもらえなくなった。