私の前には、てっぺんが見えないどこまでも伸びた高い壁がある。
子供の頃、私はこの壁の上にいた。
でもたった一度の失敗で、文字通り奈落の底に落ちてしまったのだ。
たぶん、生きている間にこの壁を乗り越えることは、私にはできない。