流れに身を任せてみたり、本気で抗ってみたり。
でも、未来のことは結局のところ分からない。
どちらを選んでも、同じ方に転んでいたかもしれない。
それでも僕たちは、常にどちらかを選ばなければならないのだ。